東大難関大受験専門塾 現論会

【東大理系数学対策】合格に必須な分野別の勉強法と時間配分を知ろう!

更新日 : 2020年4月7日

日本が誇る最高学府、東京大学。

その理系を受験する受験生は、非常に高い数学力を求められることになります。

その難しい問題にどのように対処するべきか。

そして、受験までに何をすれば良いのか。

この記事で東大に合格するために必須な数学の勉強法をご紹介していきます!

東大理系数学の概要

寺田
寺田

東京大学の理系科類へ合格するために、東大理系数学をきちんと対策することは必須と言えます!
まず、東大理系数学の概要から見ていきましょう。

東大理系数学では、試験時間が150分与えられ、大問が6問の解答を白紙の解答用紙に過程とともに書いていく形が取られています。

満点は120点で、英語と同じ大きな配点を誇るので、非常に重要な科目と言えます。

そして、東大理系数学の試験日は1日目の最後。

つまり、ここでの出来が良いか悪いかによって、二日目の調子が左右されてしまうことになります。

二日目をスムーズに抜けていくためにも、1日目の東大理系数学で合格点を目指したいところです。

例年、合格点は3〜4完と言われています。(理科三類は4〜5完)

東大理系数学の大きな特徴として、均等配点20点と、部分点が非常に来やすい試験であることが挙げられます。

難易度が大問によってマチマチなので、簡単な問題を取りこぼさずに、難しい問題である程度部分点を稼ぐことで、この合格点に達することができるのです!

従って、時間配分として、まず最初の5分で問題の難易度を見極め、簡単な問題からきちんと丁寧に解き進め、残り時間で難しい問題を解き切って行くという流れになることがわかります。

東大理系数学は、こうした難易度を見極める審美眼と確かな数学力が試されるシンプルにして難しい試験なのです。

東大理系数学では、難易度の見極めと部分点を取りに行く姿勢が大事!

東大理系数学の対策

寺田
寺田

東大理系数学の概要をしっかりと理解した上で、今から合格点を取得するためにどのような対策をしていけば良いのかを解説します!
意識すべきことは二つあるのです!

東大理系数学では、難易度の見極めと部分点を取りに行く姿勢が大事ということを説明してきました。

こうした能力を養って合格点を取得するために大事なことが二つあります。

それが、「解法暗記」と「分野集中戦略」。

この二つのキーワードを軸に、東大理系数学の対策を進めていくのがオススメです!

解法暗記

こちらの記事でも紹介していますが、解法暗記とは、例題で使われている「解法」を仕組みから理解した上で、類題にも使えるように暗記していくことです。

もちろんただ解答を暗記することとは全く違います。

この問題を解く際に有用なツールは何なのか。どういう手順でさばいていけば良いのか。

これを原理から理解してしまうことを「解法暗記」と呼んでいます。

そしてこれができることによって、数学の基礎力だけでなく、「難易度を見極める力」を身につくのです!

解法暗記を意識して勉強した受験生は、どんな問題が目の前に現れてもまず最初に解答のシミュレーションを行います。

この解法とこの解法を組み合わせたら解けそうだなという頭の使い方をするのです。

これにより、難易度やその問題を解くのにかかる時間をある程度推測することができるようになります。

これが東大理系数学において非常に大事な、スキルになってくるのです!

数学の典型問題の解き方をきちんと自分の中に落とし込み、それをパズルのピースのように使って応用問題を解いていく。

このような頭の使い方をできるようになりましょう!

分野集中戦略

寺田
寺田

東大理系数学は、難関国公立の中でも明確に出題傾向が現れている試験です。
つまり、出題される範囲がある程度決まっているのです!
これを対策しない手はありません!

東大理系数学では、確実に出題される分野・頻出の分野が明確に決まっています。

解法暗記自体はすべての分野でできるようになっている必要がありますが、その先は分野を絞って深く深く対策して行く必要があります。

例えば、微積分と確率はほぼ確実に出題されます。

微積分は解法さえ分かれば、最終的には計算問題となるので、簡単な得点源として設定されていることが多いです。

第二問などで通過領域の問題として頻出です。

さらに確率の問題も文科と同様の問題がよく出題されます。

基本的に確率漸化式の立式に繋げて、それを解くことで答えを出す、非常に典型的な問題となっており、これも得点源です。

他には、整数問題や体積計算・数列などが頻出しています。

こうした頻出分野は過去問25カ年をきっちりと解くだけではなく、他の難関大学で出題されるような問題まで手を伸ばして応用問題の数をこなすことで、東大理系数学でヒケを取ることがないレベルまで持っていきましょう。

逆に、ベクトルなどほとんど出題されないような分野は、応用問題をたくさん解いて対策する必要はないです。

とにかく東大理系数学で頻出の分野に絞って、深く深く問題演習を積み重ねていく意識。

これこそが東大理系数学対策で活きる「分野集中戦略」なのです!

まとめ

東大理系数学の特徴をお教えしたのち、解法暗記と分野集中戦略に絞って東大文系数学の対策法を解説してきました!

東大理系数学は対策をきちんとすれば十分に満点を狙える試験です。

一つ一つ解法暗記を積み重ねて、合格を勝ち取っていってください!

※東大理系数学対策には、この記事もお勧めです!

現論会の夏季限定キャンペーン! 

柳生
柳生

ここで夏季限定キャンペーンのお知らせです!

柳生先生!夏季限定キャンペーンとは何ですか?

西尾
西尾
柳生
柳生

受験生の皆さんへ、大事な大事な夏休みに受験計画を見直し、志望校に合格してもらうため、夏季限定で特別なキャンペーンを作りました!

夏季限定キャンペーン概要

1:体験授業2回無料で受けられる!
2:英語のオーダーメイド勉強計画の作成を無料で行います!

受験で一番大事な英語の勉強計画を見直すことで、合格率は大きくアップしますよ!

西尾
西尾
柳生
柳生

詳しく聞きたい方は是非無料相談にお越しください!!

無料相談を申し込む!

現論会のSNS紹介

笹田
笹田

毎日受験生の皆さんに役立つ情報を発信しています!
ぜひフォローしてみてください!

毎日受験生の皆さんに役立つ情報を発信しています!
ぜひフォローしてみてください!

楽しみながら、勉強法を見つけていきたい!:YouTube

ためになる勉強法が知りたい!:現論会公式Twitter

一覧に戻る
コースのお申し込みはこちら