東大難関大受験専門塾 現論会

無料受験相談

【苦手を得意に!】英作文がスラスラかけるようになるコツとは?

更新日 : 2019年12月20日

「英作文の書き方がわからない」「時間を使ってもなかなか書けない」「高得点を取る方法がわからない」英作文が苦手な受験生は非常に多いです。

しかし英作文にはスラスラと書くためのコツがあります!

このコツさえ身につけてしまえば、もう英作文を怖がることはありません。英作文で確実に点数を稼ぎ、周りの受験生に差をつけましょう!

英作文コツ

なぜ書けないのか?原因と対策

笹田
笹田

英作文が書けないのにはいくつか理由があります。

語彙、文法力の不足

英作文は、語彙力、文法力を前提として、自分で文章を作る作業です。

語彙が十分でなく、文法の知識もあやふやなままでは、英作文を書くことはできません。

英作文で使えるボキャブラリーを増やすためには、英単語を見て日本語訳を覚えるだけでなく、日本語を見て英単語をすぐに思い付けるように訓練をしましょう。

大変な作業に思えますが、英作文に必要な単語は長文読解に比べて簡単な上、一度覚えた英単語を使い回せる場合も多いので、単語帳全てを暗記する必要は全くありません。

標準的なレベルの単語を必要最低限覚えればOKです。余裕がある人だけ、1つの日本語から複数の英単語を書き出せるようにしましょう。

書き出しが決まらない

書きたいことは決まっているのに、どう書き出したら良いのかわからない。

あるいは、書く内容を考えすぎて手が止まってしまう。

いざ書き始めようと思っても、スタートでつまずいてしまう人はとても多いと思います。

しかし、入試本番で英作文にそれほど時間をかけることはできません。

空欄が埋まらないまま、ただ時間だけが過ぎていく、、そんな事態を避けるために、ある程度の事前準備をしておきましょう

英作文は、いくつか出題パターンがあります。

例えば意見を述べるタイプでは、こう書き出す、というように自分なりのフォーマットを決めておくとスムーズに書き出せる場合があります。

ただし、くれぐれも質問に対して忠実に答えるように注意しましょう。

複雑な文章を書こうとする

英作文では、もっと上手にかっこよく書こうと欲張らないことが大切です。

書きたい気持ちが先走ってしまい、構文を複雑にしたり、無意味に難解な単語を使ったり、文章を長くしたりしないようにしましょう。

英作文は、複雑で気取った文章を書いたからといって高得点が得られるものでは決してありません。

むしろ平易な単語とシンプルな構造で、簡単に理解できる文章を書くように心がけましょう。

特に英作文の採点は減点方式なので、余計なことはしない方が懸命です。

まずは英作文が苦手な原因を突き止めましょう!


英作文には2種類ある

笹田
笹田

大学受験の英作文の問題は、大きく “和文英訳” と “自由英作文” に分けられます。

和文英訳とは、与えられた日本語を英訳する問題です。

一方で自由英作文とは、あるテーマや題材に沿って自分の意見を述べたり、図や写真について説明したりする問題です。

語彙力や文法力が必要なことに変わりはありませんが、実践レベルでの対策方法は大きく異なってきます。

まずは、自分が志望する大学ではどちらのパターンが出題されるのか確認しましょう。

和文英訳は、語彙力を身につけ、正しい文法で書くことが大切です。

訳す際は、直訳ではなく、あくまで英語として自然な表現で書けているか注意しましょう。

以降では、より難易度が高く苦手とする受験生の多い自由英作文に焦点を当てて、書き方のコツを紹介していきます!

和文英訳が出題されるのか、自由英作が出題されるのか確認しておこう!


自由英作文の書き方&減点されないコツ

笹田
笹田

英作文をスラスラと書くために、具体的なポイントを見ていきましょう。

知っている範囲で書こう

1つ目のポイントは、「自分が自信のある単語や表現だけを使うようにする」ということです。

難しい単語や表現を使っても、それは得点源になりません。

むしろ使い慣れていない単語や熟語を無理に使おうとすると、不必要に複雑な文章になったり、スペルミスの原因になってしまいます。

内容が素晴らしいとしても、単純なミスで減点されてしまうのは非常に勿体無いです。

綴りに自信のない単語や、使い方に不安のある表現は、もっとシンプルで確実に知っているものに言い換えられないか考えてみましょう。

無理に背伸びをせず、確実に使い方を知っている表現だけを使って書くことが、英作文で点数を落とさない秘訣です。

論理的な文章を書こう

2つ目のポイントは、「論理の流れが自然な文章を書く」ということです。

特に意見を述べるタイプの英作文で重要なポイントになります。

自由英作文は、「自由」と付いていますが、完全な自由論述が求められている場ではありません。

論理的に破綻した文章は大幅な減点対象となります。

「どのような意見か」ではなく、「論理的にわかりやすい文章か」が評価されます。

論理の流れが自然な文章を書くために、問題文を読んだらまずはブレインストーミングをして、自分が書きやすい内容を選んでから文章を組み立てるようにしましょう。

いきなり書き出すと途中で流れを見失ってしまうことがあるので、まずはブレストしてみるのが有効です。

この時、なるべく英語で考えるようにしましょう。また、接続詞を上手に使うことも大切です。

単純ミスを絶対に避ける

最後のポイントは、「単純なミスをしない」ことです。

繰り返しになりますが、英作文では減点されないことが何より大切です。

単純なミスが命取りになるので、絶対に避けるようにしましょう。

特によくあるのが、単語のスペルミスや3単元のsのつけ忘れ、前置詞や時制のミスなどです。

書き終わったら、絶対にミスを発見するぞという気持ちで見直しをするクセをつけましょう。

日頃から音読などで正しい表現を身につけておくことも大切です。

自由英作文の対策法を頭に入れたら、後は添削を受けながら演習しましょう!

一覧に戻る
コースのお申し込みはこちら 無料相談