東大難関大受験専門塾 現論会

【大ピンチ!】東大生は自由英作文が思いつかない時どうするのか!?

更新日 : 2019年12月20日

受験英語の中でもっともハードルが高く、多くの受験生が苦手とする自由英作文。

「書く内容が思いつかない」「時間をかけてもアイディアが思い浮かばない」皆さんもこんな風に悩んでいませんか?

今回は、東大生が実践していた対策方法を紹介していきます!この記事を読んで、もう自由英作文で悩まない方法を身につけましょう!

自由英作文対策


なぜ思いつかないのか?原因と対策

西尾
西尾

そもそも、なぜ自由英作文で書く内容が思いつかないのでしょうか?語彙も文法も固めているのに、なぜか書く内容が思いつかない!その理由は、主に2つあります。

難しく考えすぎている

1つ目は、「必要以上に難しく考えている」からです。

英語だからといって、小難しいことを書いたり、気取った内容を書こうとしていませんか?

英作文では内容以上に「正しくわかりやすい英語を書くこと」が求められています。

難しいことを書いても加点対象にはなりません。

難しく考えすぎない為に、なるべくシンプルに、簡単に考えてみましょう。

その際、ブレインストーミングをするのが有効です。

問題文を読んだら、思いつくままに単語や表現を書き出してみてください。

そして関連性のある単語をさらに書き出していき、ざっくりと論理の筋道を立てるようにします。

その中で、自分が一番書きやすそうなものを選んで、答案に取り掛かりましょう。

ブレスト段階では、短い単語や表現で良いので、なるべく英語で書き出すのがポイントです。

真面目に考えすぎている

2つ目の原因は、「必要以上に真面目に考えている」ことです。

よく自由英作文では、「あなたの意見を述べなさい」「あなたの経験を基に」といった問題が出題されます。

そんな時、真面目に自分の意見や経験を書こうとしていませんか?

もしすぐに意見を思いついたり、あるいは体験をしたことがある場合は、それが英語で書けそうならそのまま書いてしまって全く問題はありません。

しかし、実際の試験でそんなラッキーなことは中々起きません。

真面目に考えすぎず、自分が書きやすい内容をでっち上げてしまいましょう。

英作文では、あなたが実際にどう考えているか、また内容が事実かどうかは問われていません。

自分の英語で、正しくわかりやすく表現できることを書くようにしましょう。

自由英作文は、シンプルに自分が書ける範囲で書くようしよう!


東大生はこうやって乗り切った!今日から使える試験突破法

西尾
西尾

それでも何を書いたら良いか思いつかない。。。そんな時、東大生はどのように自由英作文を乗り切ったのでしょうか?

過去英作文の使い回し

ブレストをしても思いつかないなら、過去に解いた英作文の展開に持っていき、自分が知っている、書ける表現が使える内容で書いていきましょう。

その際、まずは関連するトピックで思い出してみて、単語や表現が使えないか考えてみます

それでも思いつかない場合は、違うトピックでも良いので、単語を変えれば同じ表現が使えないか、あるいは同じような展開が使えないかどうか、考えましょう。

本番の試験で、今まで自分が解いたことのある内容がそのまま出題されることはまずありません。

過去の蓄積を基に、新たな問題に対応していく力はとても重要です。

字数を稼ぐ

内容が思いつかない時、「言い換えをして字数を稼ぐ」ことも時には有効です。

一見反則技のように聞こえますが、そうとは言い切れません。

むしろ平易な表現で言い換えることで、わかりやすい論理展開になる場合もあります。

この際、同じ単語や構文の繰り返しは避けましょう。

同じ意味を表す別の単語を使ったり、主語を名詞や動詞に変えたりして言い換えるようにしてください

字数が著しく足りない答案は一目でわかってしまい、採点官の心象も悪いです。

新しい内容が思いつかない場合は、同じ内容の繰り返しでも良いので、字数を稼ぐようにしましょう。

演習する中で過去問を再利用する方法を学んでいこう!


自由英作文の勉強法

西尾
西尾

本番の試験で書く内容に困らないようにするためには、日頃からしっかりと自由英作文の対策をしておくことが大切です。

ストックを増やそう

初めての問題に対して、正しい英語で答えるためには、自信を持って使える単語や表現を増やすことが一番重要です。

まずはセンテンス/まとまりのある表現単位で、慣れてきたら例文ごと暗記していきましょう。

参考書や問題集の例文を丸ごと覚えてしまうようにしてください。

英作文の練習の際は、変えるのは時制程度にして、丸ごと使うように意識しましょう。

ネイティブの表現をそのまま真似する、言ってしまえばパクることが、正しい表現を覚えられる上、最も効率的な方法です。

またアイデアに困らないために、汎用性の高いテーマで使える表現ストックを増やしておくことも有効です。

例えば、生活や人間関係、コミュニケーションやお金など、論理展開が他の様々なトピックに使えそうなものは、重点的に練習を積んでおきましょう。

アウトプットの機会を増やそう

英作文も結局は慣れなので、練習量が物を言います。

練習するうちに、自分が使いやすい表現が蓄積され、つか回せる”コスパの良い”表現がわかってくるので、どんどん書きやすくなっていきます。

ただ英語は言語なので、ライティング力が落ちるのも早いです。

「一日1題は英作文を解く」などルールを決めて、なるべく毎日英語を書くようにするのが理想です。

時間がない時は5分でもいいので時間を割きましょう。

英語が好きな人は、短くて良いので、英語で日記をつけてみるのもおすすめです。

自由英作文のコツは「ストック&アウトプット」


二次試験徹底対策コースのお知らせ

現論会では、二次試験に向けて、過去問添削を含めた二次試験徹底対策コースを実施しています!

各校舎10名が定員なので、ご興味がある場合はこちらのリンクより詳細をご確認ください!

二次試験徹底対策コース

一覧に戻る
コースのお申し込みはこちら