東大難関大受験専門塾 現論会

無料受験相談

【東大生直伝】大学受験で成績が安定する英語長文問題のコツは?

更新日 : 2020年3月16日

長文問題が苦手で安定しない

和訳はできるんだけど問題が解けない

本番になると緊張して英文が読めない

こうした悩みを抱える人に向けて、この記事では英語の長文を解くコツについて解説していきます!

英語の全体的な勉強法がわからないという方は、まずはこちらの記事を御覧ください!

英語の勉強法
【大学受験】偏差値80超えの英語勉強法【誰でも実践できる】

英語長文コツ

いきなり本文を読まない

笹田
笹田

まずは一番大切なコツについて解説していきます!

受験生の皆さんに英語を解いてもらうと意外なことに、「いきなり本文を読み始める」生徒が多いのです。

もちろん英語がものすごく得意であれば、問題ないのですが、本番は緊張してしまい実力が出しきれないものなので、できる限り安定するやり方を探しましょう!

いきなり本文から読み始めると、ノーヒントで読むことになるので、緊張して英文が頭に入ってこない可能性があります。

ですので、英語の長文を解く時には、本文を読み始める前に、できる限りの情報収集をしましょう!

情報収集は「状況設定」「設問の確認」の二つを行いましょう!

状況設定に関して、本文の上に書いてあることが多いのでしっかりと確認して、登場人物や場所などが書かれていれば印をつけるようにしましょう!

次に設問の確認に関してですが、下線部の問題がある場合は、その下線部でどのようなことが聞かれているかチェックして、本文にメモしておきましょう!

例えが、理由説明問題であれば、本文の下線部に「理由説明問題」とメモしておきましょう!

こうすることで、本文全体のどの位置でどういう設問があるのか把握でき、メリハリをつけて本文を読むことができます。

本番は緊張するもの。まずは徹底的に情報を集めよう!


パラグラフごとに内容を整理

笹田
笹田

次に超長文への対策を解説します!

近年の英語長文は本文が超長文化する傾向にあります。

こうした長文は読みにくいだけでなく、どういった話か忘れてしまったり、問題の根拠を探すのにすごく時間がかかったりします。

こうした問題を回避するためにオススメの方法は「パラグラフごとに要約メモ」を残すことです!

本格的な要約をする必要は当然ないので、軽く「環境問題の原因:排気ガス」などのメモを残しておくと良いでしょう。

これによって内容を逐一理解できますし、根拠を探す時間を短縮することもできます。

また、設問もパラグラフを読み終えるごとに解くようにするとスムーズに解答できてオススメです!

パラグラフごとにセーブポイントを設けよう!


時間配分を常に意識

笹田
笹田

時間配分に関しても解説しておきます!

大学入試の問題は長文に点数が多く配分されているケースがあり、時間が足りずに白紙で提出してしまうと一気に点数が下がってしまいます。

ほとんどの英語の試験では問題形式が一定なので、事前にどういった時間配分で英語長文を解くのか決めておくと良いでしょう!

できる問題から手早く解いて、難しい問題に余った時間を使うことが合格の鉄則です!

時間が足りないと一気に点数が下がる!時間配分は事前にそして入念に!


効果的な勉強法

笹田
笹田

最後に勉強法についても補足しておきます!

英語の勉強法はこちらの記事で解説しています!

英語の勉強法
【大学受験】偏差値80超えの英語勉強法【誰でも実践できる】

英語は長文だけを勉強しても成績があがることはありません。

土台が固まっていて初めて成績が伸びるので、伸び悩んでいる場合は土台である「単語」「文法」「解釈」の復習をしてみましょう!

どうしても伸びない場合は勉強法から見直してみよう!


無料相談ご案内

現論会では、「勉強のやり方を相談したい方」や「現論会の授業について知りたい方」に向けて、無料相談を実施しています!

校舎で行うこともできますし、オンラインでも行うことができるので、お気軽にお申し込みください!

無料相談について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください!

無料相談はこちら⇨リンク


現論会のSNSご紹介

ツイッター

現論会公式:


現論会新宿校:


現論会天王寺校:


現論会オンライン校:


現論会横浜校:


柳生好之:


Nくん(にしお):


LINE@

友達追加はこちら⇨追加


YOUTUBE

チャンネルはこちら⇨チャンネル

一覧に戻る
コースのお申し込みはこちら 無料相談