無料受験相談
入塾をご希望の方はこちら

【このページを見た人限定】特別コーチングの無料招待のお知らせ

更新日 : 2021年3月6日

勉強法には正しいメニューがある

初めまして、現論会を立ち上げた西尾と申します。

生徒
生徒

苦手科目が伸び悩んでいるんだけど、どうすれば良いんだろう・・・

いつから難しい参考書に入れば良いの?

いつから過去問に取りかかれば良いの?

全然わからないよ・・・

生徒
生徒

一年間の受験生活を前にして、上のようなモヤモヤを抱えている受験生、多いでしょう。

分かります、自分も元々そういう受験生でした。

現論会を立ち上げてからも、そういう受験生をたくさん見てきました。

受験は勉強計画が9割を決める

しかし、そんな状態で合格できるほど、受験は甘くありません。

もし、早慶・旧帝大レベルの大学を望むなら、偏差値が10以上も上の大学を目指すなら、

今すぐ、演習中心の効率的な勉強計画を作り込み、一気に「問題を解く力」を身につけていく必要があります。

がむしゃらに参考書をやりまくっても、とにかく授業ばかりを受けまくっても、なかなか成績は上がりません。

筋トレできちんと筋肉がつくのは正しい筋トレメニューをやった時だけなんです。

逆に言えば、「すべきことだけを詰め込んだ勉強計画」を作れれば、第一志望合格に大きく近づくことになります。

すべきことだけを詰め込んだ勉強計画を一緒に作成しよう

だからこそ、これから受験勉強を始めていく受験生の皆さんに、

現論会が誇る【これだけやれば合格できる】ように精を凝らした勉強計画と、

【大手予備校が教えることのない】受かるための勉強法を、

無料でお話する特別コーチングを企画しました。

・第一志望合格のため、今後どうやって勉強していくべきか

・各科目で勉強していくべき参考書・映像授業をリストアップ

・復習の頻度・より効率的な暗記など勉強法も紹介

現論会が誇るプロコーチが、たったの1時間で、これだけのお話をしていきます。

現役生なら基礎力を診断し、科目ごとの最大効率の勉強計画を作成
浪人生なら合格できなかった原因を丁寧に分析して、その対策を打つなど、

あなたの悩み次第で、お話しする内容を変えていきますので、あなたが今聞きたかった受験戦略を一緒に考えていきます。

受けて損はない、特別なコーチングを今こそ。入塾の必要もありません。

上に書いたようなレベルの高い大学を目指すことのない人であれば、無視して頂いて構いません。

ただ、そうではない全ての受験生に届いて欲しいのが、この特別授業です。

特別コーチング終了後、現論会に入塾しないといけないなんてことは全くありません。

大切なのは、あなたが、最高の受験生活を送り、第一志望に合格すること。

この1時間で作った受験戦略の通りに進めれば、独学でも成績が伸びていきます。

勉強法専門塾として、絶対にあなたのためになるアドバイスをします。

例年すぐ埋まってしまう人気のキャンペーンです

このページを見ている方限定&30枠と枠数を限定して行うものなので、ご興味があれば、早めに申し込みください。

お会いできるのを、楽しみにしております。

最小の努力で、最大の結果を。

柳生
柳生
最高のコーチングをお約束いたします。

現論会の「特別コーチング」に申し込むフォームです

「新宿校」、「渋谷校」、「市ヶ谷校」、「天王寺校」、「横浜校」、「柏校」、「大宮校」、「千種校」、「四条烏丸校」、「藤沢校」、「オンライン校(お近くに校舎がない場合)」よりお選びいただけます。

お申し込みを確認し次第、担当よりご案内のメールを送らせていただきます。

 



 

無料相談

「無料受験相談」で
あなたの悩みを相談してみませんか?

無料受験相談は、現論会の学習方法を
お伝えしている相談会です。

受験のプロが大学合格までの
学習計画をアドバイスします!

メリット 01

メリット 01

全国どこでも
お好きな形で相談可能!

  • ♯校舎でもオンラインでも可能
  • ♯三者面談も可能
  • ♯保護者様のみでも受付
チェックマーク

メリット 02

メリット 02

大学受験勉強の
悩みを相談できる

  • ♯実力が伸びない
  • ♯このままで受かるか不安
  • ♯何をすべきかわからない
チェックマーク

メリット 03

メリット 03

志望校に特化した
受験戦略

  • ♯自分にあった勉強法で自習
  • ♯部活との両立
  • ♯志望校に応じた勉強計画
チェックマーク

目標達成に最適な学習計画をご提案します。わからない点・不安な点がございましたら、なんでもご質問・ご相談ください。
また、ご興味がありましたら、塾選びのポイントに加え、現論会のサービスや勉強法をより詳しく解説いたします。

男子生徒 女子生徒
無料受験相談のお申し込みはこちら