東大難関大受験専門塾 現論会

オンライン校の指導内容

リアル校舎の指導内容

学習計画の作成

現論会では、生徒一人一人にあったオーダーメイドの学習計画を作成します。普段の生活習慣や勉強時間、学校の行事を反映した無理のないプランで学習を進めることができます。
初回面談・初回授業の際に、担当の講師が生徒様と綿密に学習相談をし「年間計画」を作成します。
勉強を始める頃から「合格への道筋」がはっきり見えているので、目的意識をもってモチベーションを落とすことなく日々の学習を進めていくことができます。
さらに、毎週1時間のビデオ通話授業では年間計画を一日一日のスケジュールにまで落とし込んだ「週間計画」を作成します。日ごとの学習計画を見てその通りに勉強していけばよいので、毎日「今日なにしよう?」と悩む必要はありません!「オーダーメイドの学習計画」と冒頭で記述した通り、毎週の計画作成を通して、担当講師が生徒様と相談しながらその人にぴったりな勉強の進め方を模索し、納得した状態で日々の学習に取り組んでいただきます。

学習計画の作成

小テスト

日々の学習計画が決まっていたとしても、それをしっかりこなし、身に着けることができなければ、残念ながら成績向上は望めません。
オンライン校では毎週のビデオ通話授業で小テストを実施しています。前の週に学習した範囲から出題するので、理想的な学習ができていれば決して難しいものではないはずです。小テストの様子を見て、担当講師は計画の調整や参考書の提案を行い、より生徒様に適した学習計画を提案させていただきます。
さて、満点を取れるのが当たり前であるかというと、実際には思うように点数が取れないこともあります。この「やったのに思うように点数が取れない」状態の原因を探ることが、小テストを行うもう一つの大きな目的です。間違ってしまった問題などを通して、どうしたら覚えられるようになるのか、どうしたら解けるようになるのか、担当講師と一緒にその原因を分析していき、受験知識の豊富な講師の立場からよりよい学習法をアドバイスさせていただきます。
こうした2つの方向からのサポートを通して、生徒一人一人が自分に合った勉強方法を確立し、自分で問題解決する力を身に着けていって欲しいと思います。

小テスト

実力テスト

現論会では入会時及びそれ以降は月に1度の頻度で、全生徒共通の実力テストを実施しています。それぞれの科目について、自己採点の結果から自己分析シートを作成していただき、今の自分に必要なものは何かを担当講師と共に分析します。
このようにして、小テストと実力テストという2つのスケールから、生徒様が最も効果的に学習を進められるような学習法の提案、志望校合格に向けて「何を」「どのくらい」勉強したらよいかという疑問の可視化を進めていき、目的意識をもって受験勉強に取り組んでいただけるようにしています。

実力テスト

添削課題

難関大学合格を勝ち取るためには、芯をとらえた解答を導く記述力も欠かせません。現論会の授業では毎週記述解答式の添削課題を出題しています。解いた添削課題は自己採点していただき、次週の授業で担当講師が問題の解説と自己添削のアドバイスを行います。この「記述問題を解く」→「添削解説を受ける」というサイクルを毎週繰り返していくことで、「満点が狙える答案の書き方」を身に着けることができます。
また、毎週の添削課題については、映像コンテンツという形でより詳しい解説を収録しています。お好きな時間に解説授業を視聴していただき、日々の学習に役立ててください。(映像コンテンツは現論会の生徒であれば全て無料で視聴できます。)

添削課題

現論会オリジナルコンテンツ

現論会では生徒様ならどなたでも無料で見られる映像コンテンツをご用意しております。添削課題の解説授業のほか、勉強法の講義や、各科目の参考書では補いきれない難易度帯・分野を補填するようなコンテンツを用意しているので、一年を通してのスムーズな学習を実現するために、必要な場合は是非受講されることをオススメします!

コースのお申し込みはこちら